スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    高級なものが好きな人は要注意!



    こんばんは。ゆず杏です。


    私が専門学校に通っていた時の先生は

    『今日も騙されない授業を開始だぁ!』

    ・・・と毎回怒鳴りながら教室に入ってくる

    超変わり者だったんです(笑)



    どういう事かと言うと・・・



    業界には様々なウソが蔓延しているため

    毎回授業のたびに騙されないための

    『護身術レクチャー』をしてくれるのです。



    ある授業の時は

    『価格が高い “ 本 ” に騙されるな!』

    ・・・という講義でした。



    なんでも、

    価格が高い本というのは多くの場合、

    あまり役に立たない

    ハッタリ本が多いのだそうです。



    なぜかというと・・・



    【難解・高額】 ⇒ 【高尚】

    という錯覚があり、

    「良いことが書いてありそう」と、

    高級な見た目に騙される

    購入者が多いためです。



    あっ!高い本がすべて良くないという

    ワケではありませんよ。(*^-^*)



    では、ほかの例をお話しますと・・・

    私たちが日々読んでいる

    ビジネス書や自己啓発本などでも

    難しそうな本はたくさんありますよね。



    もしかしたら、あなたも

    本を読んでいて、

    理解しにくい文章を何度も読み返したり

    難しいと思って、途中で読むのを諦めた

    経験はありませんか?



    しかし、

    それはやらないほうが良いです。



    私も過去、難しい本を頑張って

    読んだコトがありますが、

    その後に半額以下で似たような内容の

    わかりやすい本を発見し、

    とても後悔しました。



    時間とお金をムダにしたのです。。。

    (;´∀`)



    ですので、

    あなたの “ 貴重な時間 ” を

    有意義に使うためにも、

    難しい本を1冊読むより、

    内容の易しい本を何十冊も読みましょう!



    ぜひ、

    次回から本を買う時の参考にして下さいね!



    ちなみに、、、

    私が買った本の中で1番高かったのは

    厚さ10cmくらいの解剖学の本です。



    なんと!1万9800円でした。(;´∀`)



    購入した日以来、読むこともなく

    今や処分したいものランキング1位です。



    本当に無駄な買い物でした・・・



    あなたはそんなコトにならないように

    気を付けて下さいね!(≧◇≦)



    あ、これはオマケ情報ですが・・・

    読み終わった本など直ぐたまりますよね。



    何度も読む本はいいですが、

    一度読んだらもう読まない本が必ずあるはず。



    そういう本は買取屋さんに出しますが・・・



    その時、同じ本でも高く売る方法が

    あるんです!



    それは・・・

    購入した時、本の外側に『帯』が

    付いていますよね。



    その『帯』にあらずじや

    著者の他のおススメ本が書かれています。



    その『帯』をキレイにして取っておくと

    売る時に結構値段が高く売れますよ!♪



    関連記事
    スポンサーサイト

    COMMENT - 0

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。