スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    転ばないで速く走るコツ教えます!



    こんばんは♪(^O^)/ ゆず杏です。


    そろそろ運動会シーズンに

    なってきましたが・・・



    子どもの前では「カッコいいお父さん」で

    いたいですよね!



    あなたは子どもの運動会で、

    子どもにいいところを見せたいと思って

    派手に転んだ経験はないですか?

    (* ̄▽ ̄*)ノ"ニヤリ



    もし、転んだら・・・

    家に帰ってから家族に

    さんざん笑われそうですが。。



    そこで!

    転ばないで速く走るコツ教えちゃいます♪



    日本ランニング振興機構の講師、

    高野香織さんは

    「普段運動していないのに急に走ろうと

    思っても足がついていかない」

    と説明しています。



    まずは、今の自分の身体能力をきちんと

    把握しておかないといけませんね!



    例え、むかし運動部に所属していても

    「思っている以上に筋力が

    衰えていることがある」そうです。



    さらに、「ムリをすると肉離れや

    アキレス腱(けん)断裂などに

    つながってしまうことも」と高野さんは

    解説しています。



    そこでっ!!

    「どうしたら速く走れるか!」ですが、

    ”腕振り重視で ”走るコト!



    腕を前後にコンパクトに振り、

    背筋を伸ばし、あごを引いた

    「気を付け」の姿勢を基本に

    足の回転を速くするといいとのこと。



    欲張って歩幅を広くすると、

    足がついてこないで転びやすいと

    高野さんは解説されてます☆



    ちなみにこれは余談だけど、私の兄が

    やはり子どもにカッコいいところを

    見せたかったのか、スケートに行って

    リンクに降りた途端・・・



    シリモチついて、手を付いた瞬間手首が

    「グキッ!!」

    1ヶ月くらいギブスして仕事してました。

    (@_@)



    やはり、自分の体の状態は

    自分できちんと把握してないと

    ダメですねー!!(>_<")



    今日はビジネスに関係がない

    たわいもないお話でした♪☆(^▽^;)



    関連記事
    スポンサーサイト

    COMMENT - 0

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。