スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    飲み会の上手な断り方教えます♪



    こんばんは♪(^O^)/ ゆず杏です。


    「会社の飲み会」を断るとき、

    あなたは口実で悩んだことはないですか?



    本当は行きたくない飲み会なのに、

    嫌われたくなくて

    しぶしぶ参加している・・・



    なんてことも多いのではないでしょうか?



    そんな悩ましい飲み会の断り方を

    マイナビウーマンが2017年5月に

    社会人男女318人を対象にアンケートを

    実施していたのでご紹介しますね。



    <よく使われる飲み会の断り文句>

    ・体調不良

    ・先約がある

    ・家族との予定がある

    ・子どもを理由に



    上記の4回答が多かったそうです。



    たしかに、体調不良と言われると、

    お酒を強制することはできませんよね。



    子どもの事情で断るのも、

    誘った人が子持ちなら

    理解してもらえそうです。



    ですが、断った結果、

    相手と気まずくなったら悲しいですよね。

    (T_T)



    そこで、心理カウンセラーの

    小日向るり子先生は、

    次のように説明されています。



    「会社の飲み会は人間関係を構築する

    大切な場所です。

    しかし、それを断りたいと感じるときは

    心がSOSを発している証拠です。



    一種の“ 予防医学 ”だと自分の中で

    割り切り、ハッキリ断りましょう」



    そうですよね・・・

    行きたくない飲み会に行っても

    身体に悪そう。(^▽^;)



    また、小日向先生は、

    「断った後、最後に

    “ また誘ってください ”

    と一言付け加えると相手に悪い印象を

    与えないとも言われてます。



    なるほどっ!

    最後にポジティブフレーズがあると

    印象がいいですね♪(*^O^*)v



    逆に、

    ・忙しいので

    ・当日行けたら行きます

    ・即座に断る



    などの断り方は印象が悪くなり、

    嫌われる確率が高いと小日向先生。



    「こういう場合は、

    行けるかどうか確認する“ フリ ”を

    見せるだけでも印象が変わります。」



    と、小日向先生からのアドバイスです。



    たしかに!

    心の中では行かないと決めていても、

    即座に断るより確認する時間を取ることで

    相手を傷付けずにすみますね~♪(^^)



    相手は、

    「行けるかどうか調整してくれている」と、

    誘われた側の誠意を感じるので、

    最終的に断っても気分を害することは

    ないとも付け加えられてます。



    うんうん、納得です♪



    同じ断る行為でも言い方次第で

    相手に与える印象が違いますね。



    それは、ネットビジネスでも同じです。



    何か断るにしても代替案を出したりすると、

    相手は誠意を感じてくれます。



    大切なのは『 誠意 』ですから!

    普段から誠意を持って行動することを

    心がけましょう♪☆



    私と一緒に頑張りましょうっね!♪(*^O^*)v



    関連記事
    スポンサーサイト

    COMMENT - 0

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。