スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    仕事力アップ!ビジネスメールのいろは



    こんばんは♪ ゆず杏です。


    ビジネスメールの書き方の記事に、

    5.3万人が「いいね」しているのを見て

    ちょっとびっくりしたのですが、

    あなたはビジネスメール

    正しい書き方を知っていますか?



    ビジネスメールは今や電話や会話に近い

    コミュニケーション手段として、

    ビジネス文書より気軽に使われています。



    WEBマイナビニュースで

    ビジネスメールの正しい書き方が

    掲載されていましたので、

    知っていれば悩まずに簡単に

    信頼度アップのメールが書けます。



    「そんなの知ってるよ

    という人もいると思いますが(笑)

    おさらいの意味も込めてご紹介しますね。



    ビジネスメールの正しい書き方】



    ビジネスメールを書く順番はおおむね

    下記のように決まっています。



    1.宛名、挨拶、名乗り

    2.概略(メールを送った目的・用件)

    3.詳細(要旨に関する詳しい説明)

    4.結びの挨拶

    5.署名



    この順番の型を覚えると、

    あとはそれぞれの要素を当てはめて

    書くだけですから

    簡単ですよ(^^)



    では、それぞれの内容に

    どんなコトを書くのか

    例を挙げてみますね。



    1.宛名、挨拶、名乗り

    宛名:相手のお名前

    挨拶:社外には「お世話になっております」

    社内には「お疲れ様です」が一般的です。

    名乗り:自分の名前



    2.概略

    メールを送った目的や用件を書きます。



    3.詳細

    概略に関する詳しい説明を書きます。

    情報の抜けや漏れが

    ないように書くのが鉄則です。



    4.結びの挨拶

    「よろしくお願いいたします」が

    一般的ですね。



    5.署名

    名刺に書いている情報を書きます。



    このように、

    具体的に書くと上記のようになります。



    ネットビジネスではメールが

    お客さまとのコミュニケーション

    一番多い手段です。



    メールの内容が分かりやすく

    きちんと書かれていると

    お客さまからの信頼も得られますので

    あなたもぜひ活用してみてくださいね(^^)



    これからも私と一緒に頑張りましょう☆

    (*^O^*)v




    関連記事
    スポンサーサイト

    Tag:ビジネスメール 記事 5.3万人 いいね コミュニケーション 副業 ネットビジ ネス初心者 ネットビジネス

    COMMENT - 0

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。