スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    大公開!直接聞けない「子持ち家庭の貯蓄額 」



    こんばんは♪ ゆず杏です。


    子どもが居ると思うように

    貯金が増えていかないのが現実ですが、

    直接聞けない他の

    子持ち家庭貯蓄額」、

    あなたは気になりませんか?



    私は、「うちの貯金はこれだけ・・・

    まわりはどのくらい貯めているんだろう」

    と気になるんですが、直接は聞きにくいので

    調べてみました。



    SMBCコンシューマーファイナン

    『30代・40代の

    金銭感覚についての意識調査2017』

    を参考に、ファイナンシャルプランナーの

    沖田かへさんの調査をご紹介します。



    調査対象者は未婚・既婚問わず

    30歳~49歳の男女1,000名です。



    結果は、平均貯蓄額は123万円で、

    その家庭がもつ子どもの年齢別にみると

    次のようになっていました。



    ■乳児~未就学児:124万円

    ■小学1~3年生:134万円

    ■小学4~6年生:103万円

    ■中学生:166万円

    ■中学卒業以上:133万円



    中学受験の塾通いのためか、

    小学4~6年生の子どもが居る家庭の

    貯蓄額が低めですね。



    一般的には生活費の6ヶ月分くらいを

    貯金などでもっておきたいと言われて

    いるそうです。



    ですから、生活費が月20万円の

    家庭の場合、120万円と平均貯蓄額

    ほぼ同じであることが分かりますね。



    調査結果をみると決して余裕のある

    貯蓄額とは言えないようです。



    やはり、サラリーマンだけの収入では

    今の世の中贅沢はできないということを

    実感しました。



    なにか副業でもして収入を増やさないと

    今の生活が死ぬまで

    ずっと続くということです。



    本業をしながらネットビジネをすると

    いうことは、とても大変なことだと

    思いますが長い目で見ると、一時的に

    大変な時期があってもその後不安がないなら

    その方が安心です。



    定年後、子どもに迷惑をかけず

    好きな時に好きなことをして過ごせる・・・

    そんな生活ができるように

    しておきたいですね☆



    これからも私と一緒に頑張りましょう!

    (*^O^*)v



    関連記事
    スポンサーサイト

    Tag:子ども 貯金 現実 子持ち家庭 貯蓄額 副業 ネットビジネス初心者 ネットビジネ

    COMMENT - 0

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。