スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    子供が人身事故を起こした!保険適応は・・



    こんばんは♪ ゆず杏です。


    子ども実家帰省中

    親の車で人身事故

    起こしてしまった場合、

    どのように対処すればいいか

    あなたは知っていますか?



    このような場合、重要なのが親の車の

    自動車保険(任意保険)に運転者として、

    子どもが入っているかどうかです。



    運転者が本人限定や、本人・配偶者限定と

    なっていると、子どもは保険の対象外に

    なってしまいます。



    考えると恐ろしいことですよね。(>_<")



    そこで、このような場合、

    その後の対応はどうなるのか

    河野祥多弁護士のお話をご紹介します。



    任意保険とは別に、強制加入の自賠責保険

    (自動車損害賠償責任保険)

    がありますので、

    まずは、自賠責保険の加入の有無を

    確認しましょう。



    通常は車検の時に

    強制的に加入させられています。



    この自賠責保険は、

    被害者のために

    車両ごとにかけられた保険です。



    任意保険が対象外で使えない場合でも、

    自賠責保険では保険の対象となります。



    ですが、自賠責保険の対象は、

    相手方被害者の傷害・死亡等の損害を

    対象としているものです。



    そのため、車両等の物については

    対象外です。



    また、傷害による損害の補償も

    原則120万円が保健額の上限となります。



    そして、重要なのが

    自賠責保険の対象外の部分についてです。



    自賠責保険でおぎなえない場合には、

    運転していた人(加害者)の

    自己負担となりますので、

    事故によっては、かなり多額の負担が

    発生する可能性があります。



    このように、どんなに注意していても

    交通事故の加害者になる可能性は

    充分考えられます。



    ですから、被害者の方のため、

    そして自分自身のためにも、

    必ず任意保険には加入するように

    しましょう!



    『 車は走る凶器 』だということを

    忘れないでください。



    逆に、ネットビジネスでは、

    自分には否がないのに

    思わぬとばっちりや誹謗中傷のメールが

    来ることがあります。



    インターネットの世界では

    相手の顔が見えないので、

    送ってくる人は誹謗中傷や悪口を言っても

    自分が送ってるとは分からないだろうと

    思っているのかもしれません。



    しかし、余程の手間をかけて送らない限り

    普通にメール送信したら、

    送信パソコンを特定することはできます。



    ですから、自分に身に覚えがなければ

    あまり怖がらず普段する作業を

    日常通りにすれば大丈夫ですよ☆



    これからも私と一緒に頑張りましょう!

    (*^O^*)v



    関連記事
    スポンサーサイト

    Tag:子ども 実家 帰省中 人身事故 対処 ネットビジネス初心者 ネットビジネス メルマガバックナンバー

    COMMENT - 0

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。