スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    冬の快眠、●●●●がカギだった!



    こんばんは♪(^O^)/ ゆず杏です。


    すっかり寒い季節になりましたが、

    あなたは快眠できてますか?



    寒くてなかなか寝付けない、

    また朝まで熟睡できないという人も

    多いのではないでしょうか。



    実は冬の快眠は「体温管理」が

    とても重要なのです。



    作業療法士でベスリクリニック

    睡眠外来担当の菅原洋平氏によると、

    熟睡するためには、深部体温をしっかり

    コントロールすることがカギになると

    言っています。



    人間には表面の温度である体温と、

    体の中心部(内臓)の温度の深部体温が

    あります。



    深部体温は一日で上がったり下がったりする

    リズムがあり、深部体温が上がれば身体が

    動くようになり、逆に下がると眠くなる

    習性があるのです。



    ですから、入眠から睡眠中にかけては

    深部体温はどんどん下がります。



    そして、起床に合わせて徐々に

    上がっていくとぐっすり寝て

    スッキリ起きることができるのですね。



    菅原氏が寝る時に気を付ける3点を

    あげているのでご紹介しましょう。



    1.お風呂から就寝までは1時間以上空ける

    2.厚着して寝てはいけない

    3.暖房のつけっ放しはダメ



    普通、「体を温かくして寝るのが良い」と

    言われますが体が温まると血流が良くなり、

    放熱されやすくなるので深部体温が急激に

    下がります。



    しかし、入浴で上昇した深部体温が

    下がり始めるのは、お風呂から上がって

    1時間後くらいのタイミングなのです。



    それなのに、体が温かいうちに寝てしまうと

    深部体温は上がったままなので

    なかなか寝付けないし、

    熟睡もできません。



    また、厚着して寝ると

    深部体温もずっと上がったままになり、

    深い睡眠が得られません。



    さらに、部屋を暖房で暖めっ放しにするのも

    深部体温が下がらないので良い睡眠がとれず

    よくないのです。



    こうしてみると、自分でよかれと思って

    していたことが逆に悪影響を与えていたと

    いうこともあるのですね。



    これはネットビジネスにも

    共通するところがあります。



    例えば、自分では必死に頑張っているのに

    どうしても成果がでないという時が

    ありますよね。



    そういう時ってメンターの守破離の何かを

    守っていなかったり、

    教本に書いてある内容とはどこか違って

    いたりすることが多いです。



    自分ではきちんと行っているつもりでも、

    気付かないうちに

    何かを間違えているのかもしれません。



    もう一度、初心に帰って見直してみると

    違っているところに

    気付くことがありますよ。(^^)



    私と一緒に未来の成功へ向かって

    頑張りましょうね!(*^O^*)v



    これは余談ですが、

    私はとても冷え症で寒がりなので

    寝る時はエアコン、電気毛布を強くして

    寝てました。(^▽^;)



    ですが、毎朝朝起きると喉がカラカラで

    風邪っぽい。。



    湿度が足りないのかと思ってましたが、

    暖め過ぎだったんですね~。(汗)



    今日からはエアコンは切って、電気毛布は

    温度を下げて寝てみます!



    あなたは、毎日仕事から帰って

    夜遅くまでネットの作業をしていると

    どうしても睡眠不足になりがちですからね。



    これからインフルエンザも流行るし、

    あなたも風邪などひかないように

    気を付けてくださいね☆



    関連記事
    スポンサーサイト

    Tag:快眠 体温管理 カギ ネットビジネス初心者 ネットビジネス メルマガバックナンバー

    COMMENT - 0

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。